クラスメイトを グループの戦いに 参加する ことを 奨励しないでください。

紛争を平和的に解決し、全員の安全を確保するために、クラスメイトに集団喧嘩に参加するよう勧めないでください。

クラスメイトを グループの戦いに 参加する ことを 奨励しないでください。
共有:
評価する:


この標識は、学校コミュニティに対し、非暴力で紛争を解決し、すべての人の安全に貢献することを思い出させる重要なものです。学校内での敬意、責任、協力の重要性を強調し、相互理解と紛争解決に基づく環境を促進します。

1. 暴力の防止
この標識は、建設的な紛争解決のための明確なガイドラインを生徒に提供することにより、暴力や対立を防止することを目的としています。これは、暴力的な衝突は安全を脅かすだけでなく、学習環境を混乱させ、学校コミュニティ全体の幸福に影響を与える可能性があることを思い出させます。

2. 責任と敬意の促進
この標識は、仲間に集団喧嘩への参加を奨励しないよう学生に奨励することで、個人の責任感と他者への敬意を促進します。共感とさまざまな視点の理解の重要性を強調し、紛争解決における協力を奨励します。

3. 前向きな学校コミュニティの構築
この標識は、相互支援と協力が奨励される前向きな学校コミュニティの構築に役立ちます。紛争を平和的に解決し、お互いをサポートすることを学ぶことで、生徒はお互いへの帰属意識と信頼感を強化します。

4. ソーシャル スキル教育
コミュニケーション スキル、紛争解決スキル、意思決定スキルなどのソーシャル スキルの教育の機会を提供します。生徒は自分の感情をコントロールし、対立状況に建設的に対処する方法を学ぶことができ、それは学校外でも役立ちます。

5. 学校の方針と安全対策の実施
標識は、共用エリアや教室など、学校全体の目立つ場所に設置する必要があります。学生に直接語りかけ、ガイドラインに従うよう奨励するために、明確な文言を記載する必要があります。学校は、暴力的衝突の早期発見と防止を目的とした安全対策を講じることもできます。

標識に加えて、学校はメッセージを強化し、学校コミュニティを強化するために次のような措置を講じることができます。

- 学校全体の紛争解決プログラム
紛争調停およびピアメンタリング プログラムを通じて、生徒は非暴力による紛争解決スキルを開発し、紛争状況で調停者として行動する方法を学ぶことができます。

- 尊敬と寛容の促進
学校は、学校コミュニティ内での敬意、寛容、多様性を促進する活動やプロジェクトを開始できます。これは、すべての生徒が尊重され、評価される包括的な環境を作り出すのに役立ちます。

- 親と教師の関与
暴力の予防と紛争解決の促進に親と教師を関与させることで、学校プログラムの効果を高め、生徒の発達を支援する協力的な環境を作り出すことができます。

それにもかかわらず、この標識は学校における非暴力、尊重、協力の文化を促進します。これは、学校が安全で協力的な場所であることを保証し、生徒が前向きな社会的スキルを開発し、建設的な方法で対立を解決することで潜在能力を発揮できるようにするのに役立ちます。


[15701]

>> 駐車スペースを 清潔に保ち、 ゴミを 置かないでください。

>> 道に迷った 場合は、 空港の標識 - または フレンドリーな 空港職員に従ってください。
>> 迷った場合 道に迷った場合は、 矢印に従って – または 電話 タクシー を行ってください。
>> ここ 教える 先生、気をつけてください! きっかけ 自然発生 知識の爆発 および 発作的な笑いが起こります。
>> ここ 私たちは掃除します 平和 - いいえ おもちゃのカオス。

0.02 Perl: 5.036001
5544 / 504 / 2024-07-23