ここ そこ は いません 道に迷った 乗客、 探索を熱望している だけです。

この標識は、その場所を間違った道としてではなく、冒険として見るように促します。新しいことを探求し、自分自身を解放することを奨励します。

ここ そこ は いません 道に迷った 乗客、 探索を熱望している だけです。
共有:
評価する:
完全な説明


「ここに道に迷った乗客はいません。探索を熱望する人だけです」という案内板が、うっそうとした森の奥深くへと続く魅惑的な森の小道の端に立っています。それは単なる道案内ではありません。それは特別な体験への哲学的な招待状です。

森自体は魅力的であると同時に神秘的に思えます。日の光が天蓋を貫通し、地面は苔の絨毯で覆われ、一歩一歩がこもったように感じられます。緩やかに曲がりくねった上り坂の道には、所々に太陽の光が輝いています。物理的な意味ではなく、発見という意味で、迷い込んだくなる場所です。

手がかり自体はシンプルで、木製で、緩やかに湾曲した文字が浮かんでいるように見えます。まるで自然そのものが地面に植えられたかのように、野生の花壇から立ち上がります。そこに書かれた言葉は明瞭で、そのシンプルさの中に詩的とも言えます。これらはあなたに考えさせ、新しい目で周囲を見るように促します。

「乗客の迷子がいない」とはどういう意味ですか?それは、その場所を混乱や見当識障害の場所としてではなく、可能性と冒険の場所として見ることを意味します。道に迷った人はここには来ません。むしろ、隠れた滝であれ、古木であれ、あるいは自然界でしか見られない静けさであれ、何かを見つけるためにここに来ます。

「発見者」とは、このしるしを見て理解する人のことです。彼らは放浪者であり、どこにつながっているかは分からないが、何かユニークなものを見つけるという確信を持ってその道を冒険する冒険家です。それは好奇心に身を委ね、いつもの道を離れ、自然の導きに身を委ねるという呼びかけです。

説明看板が目印の場所は、静けさと美しさで忘れられない場所です。木々はまるで秘密を守るかのように佇み、風は耳を澄ました者だけが聞くことのできる物語をささやきます。ここは、時間が意味を失い、あらゆる瞬間が貴重なものになる、思索と驚異の場所です。

その道をたどる者は変容を経験します。あなたは自然を目撃するだけでなく、自然の一部になります。彼女の足取りは軽くなり、呼吸はより深くなり、彼女の心は周囲にある美しさに開かれます。それは肉体的にも精神的にも旅であり、あなたを変え、豊かにしてくれる旅です。

したがって、林道の端にある標識は、単なる道順を示すものではありません。私たちが選択するすべての道には発見の機会があることを思い出させてくれます。目と心を開いて、予期せぬ出来事に備えて、自然そのものに導かれるようにして歩くことを奨励します。

慌ただしさとストレスが特徴のこの世界において、このような場所は神聖な隠れ家のようなものです。彼は、真の美しさは必ずしも遠くにあるわけではなく、多くの場合私たちのすぐ目の前にあることを思い出させてくれます。これは、人里離れた道から外れて周囲の世界の魔法に身を委ねるだけで、私たち全員が探検家になれるということを思い出させてくれます。

この碑文は道の端に静かな証人として立っており、自然の呼びかけに従う準備ができているすべての人を招待します。それは精神の自由と、自分自身を見つけるために自分を失っても構わないとする人々によって発見されるのを待っている世界の無限の美しさの象徴です。


[1011717]

>> 注意! なぜ 私の コンピュータ は 動作しません いつ 私は 画面を 逆さまにしますか? – 「重力 は 機能ではありません!」

>> 道に迷った 場合は、 空港の標識 - または フレンドリーな 空港職員に従ってください。
>> ここ ない 経験 離れる – の トイレ は ない ステージ。
>> たわごと または 犬の糞 を プールの水に投げ込まないでください。
>> 注意: 写真家 の スピード フラッシュ で 瞬間 をキャプチャします。

0.04 Perl: 5.036001
5544 / 504 / 2024-07-23